根本から治療 ツライ腰痛の改善法

怪我からの腰痛

腰痛分離・すべり症も腰痛の原因となります。
腰に負担がかかるスポーツなどで発症し、一部の骨が断裂してしまうのが腰椎分離症、分離した腰椎が前方にずれると腰椎すべり症です。
症状の特徴は、鈍く重い痛みがあり、体を後ろに反らすと痛みが強くなります。
腰のベルトが当たる部分やおしりや太ももにかけて痛みやしびれがあるので、自覚症状があれば医療機関で診察をうけましょう。
特に、学生時代などにスポーツをしていた人などは注意しましょう。
10代で分離症を起こして、加齢や更なる負担によってすべり症へと進行していきます。
今はあまりスポーツをしていなくても発症する可能性があるということです。
腰椎分離しょうやすべり症の対応は、神経の圧迫を軽減することで痛みを和らぐことが効果的です。
神経の圧迫を和らげて、痛みが治まる状態をキープするためには、腹筋や背筋などの筋肉の強化と柔軟性の向上が重要となります。
また、坐骨神経痛と腰痛を一緒に考えてしまう人もいるようですが、これらは別物です。
腰やお尻にだけ痛みや重みがあるのが腰痛で、おしりや足にしびれやつっぱりがあるのが坐骨神経痛です。
腰痛と坐骨神経痛の両方の症状が一緒に出てしまうこともあります。
坐骨神経痛とは、坐骨神経を刺激することが原因となる神経痛です。
坐骨神経を圧迫した状態が続いてしまうと、しびれや痛みだけでなく知覚鈍麻や知覚障害を発生させてしまうこともあります。
悪化すると足を引きずらないと歩けないなど、日常生活にも悪影響が出ることがあります。
腰痛は激痛を伴うこともありますが、坐骨神経痛は鈍痛であることが多いです。
坐骨神経痛は神経痛なので放置しておくと悪化してしまいます。
最初はお尻の裏側のしびれを感じる人が多く、その後、太ももの裏側、膝の裏側と順にしびれていきます。
このような自覚症状がある場合、医療機関ですぐに診察を受けましょう。
足先までしびれや痛みが進行すると、歩行などの日常生活にも影響が出る可能性があります。
坐骨神経痛が気になる時は、骨盤や姿勢の歪みが痛みやしびれをひどくさせることもあります。
神経痛や関節痛は、関節内部で弾力性や保水性を与えている役割の成分が不足することが原因の一つだと言われています。
最近、テレビなどで「コンドロイチン」という言葉をよく耳にすると思いますが、この成分の一種です。
体の中でも神経や関節は特に繊細です。
日頃からの体のケアはとても重要なので、栄養や休養をしっかりと取りましょう。

関連サイト

Copyright (C)2018根本から治療 ツライ腰痛の改善法.All rights reserved.