根本から治療 ツライ腰痛の改善法

ストレッチの効果

腰痛にはストレッチが効果的とされており、接骨院、整体院、医療機関でも勧められています。
特に、骨格の歪みや筋肉の疲労から腰痛を発症している場合は、ストレッチが有効だと言われています。
ストレッチは体の筋肉を伸縮させて適正な活動に導きます。
そうすることで血流が改善して筋肉の硬直を和らげることができます。
だからといって無理をしては逆効果になるので注意しましょう。
体は骨格についている筋肉により動かすことができます。
その筋肉が硬直や疲労をすると、上半身を支えることができなくなり、腰痛の症状が発症します。
そのため、腰回りを集中的にストレッチしても腰痛には逆効果です。
腰周りのストレッチのみを行うと、疲労がたまっている部分だけに直接的に追い討ちをかけることになります。
これでは、神経を刺激して、更に痛みが強くなる可能性があります。
実際にストレッチをしてみて気づいた人も多いのではないでしょうか。
誰かに急に声をかけられ振り向いた時に、腰を痛めてしまうことは腰痛のきっかけとして珍しくありません。
これは、体幹部の可動域を狭くする姿勢が続くと起こってしまいます。
腰痛予防が必要な時は、脚、お尻、肩、背中、首など全体をゆっくりとストレッチなどをしながら伸縮させて動かしながら腰へと流れていくことで、全身をリラックスさせて血流を促進します。
体だけでなく気持ちもリラックスができるでしょう。
体全体の柔軟性を取り戻すためには、ストレッチなどで筋肉が柔軟に活動できるようしてあげることが重要です。
そのためには部分的ではなく、全体的に運動させてあげましょう。
しかし、あまりにも痛みがひどく動くのが辛い場合は、無理にストレッチをせずに安静にしましょう。
コルセットや消炎鎮痛剤などで痛みを抑えていくのが一般的です。
痛みが収まってからストレッチをするようにしましょう。
腰痛症のなかでも多いのは椎間板ヘルニアによるものです。
椎間板ヘルニアの自覚症状は、立ち姿勢が辛い、30分以上歩くと腰が痛くなって足にピリピリとした痛みもでる、前かがみの姿勢になると痛みが強くなる、足首を思うように動かせない、腰からお尻にかけて痛みがでるなどです。
このような自覚症状があれば、椎間板ヘルニアの可能性があるので医療機関で検査をしてもらうようにしましょう。
椎間板ヘルニアの場合も痛みが和らげば、ストレッチをして筋肉の硬直を和らげて血流を促します。
神経を刺激している状態から回復させるためには、ストレッチが重要となります。

関連サイト

Copyright (C)2018根本から治療 ツライ腰痛の改善法.All rights reserved.