根本から治療 ツライ腰痛の改善法

原因と解消

一般には腰痛の原因は主に3つのパターンに分けられます。
それは、骨格そのものが歪むなどの異常をきたしている場合、筋肉が硬直していたり衰えたりしている場合、精神的な緊張が慢性化している場合です。
日常生活や仕事で体に負担を与えるような肉体労働をしている他にも、中腰の姿勢が続く仕事や長時間座り続けるデスクワークをしている場合でも腰痛症状がでる可能性が高いです。
腰に負担がかからない姿勢をしていれば腰を支える筋肉の働きもしっかりとしますが、体に負担がかかる姿勢や同じ姿勢を長時間続けていると、腰を支える筋肉の力が弱まったり硬直したり、披露によって血流不良などが起きて腰痛になります。
このようなことを毎日繰り返していると骨格が歪み、椎間板の水分が減少します。
更に悪化すると亀裂が入る可能性もあります。
姿勢によっては、腰痛症状だけでなくそれに関連する症状を悪化させることもあります。
事務職でデスクワークを主にしている人は、長時間同じ姿勢のことが多くなると思うのでリスクが高まります。
姿勢が原因で腰痛になる人は、同じ姿勢を継続しないように意識しましょう。
また、姿勢矯正クッションを使用したり、サポーターやコルセットで矯正したりして早めに予防や緩和をしましょう。
特に腰に負担をかけていなくても何気ないことをきっかけに腰痛になることがあります。
腰痛になった人のほとんどが、腰を支えるための複数の筋肉が緊張していたり硬くなっていたりします。
症状が軽症ならば、腰周りに筋肉をほぐすような簡単なストレッチや体操をすることで、腰痛症状が緩和します。
しかし、痛くなるまで放置させてしまう人が多いようです。
筋肉が硬くなってからではストレッチだけでは腰痛が楽になることはないでしょう。
慢性化した場合は更に厄介です。
腰痛症状が出ると安静にする人も多いでしょうが、安静を続けていると筋力を弱めてしまい回復を遅らせることがあります。
筋肉が硬直している場合、歪みを確認してから順に運動させていくことで腰痛解消になります。
近年、増加が見られるのが心因性による腰痛です。
精神的な負担が多くなっている状態で重たい荷物を持つ作業などを行うと腰や背中への筋肉の負担がかなり重くなります。
また、腰痛に耐えたり腰痛を心配したりすることで、ストレスがさらに増えて腰痛が慢性化してしまうこともあります。
精神的な緊張が続く得には、腰痛症状を引き起こす可能性が高いことに意識して日常生活や仕事に注意しましょう。

関連サイト

Copyright (C)2018根本から治療 ツライ腰痛の改善法.All rights reserved.