根本から治療 ツライ腰痛の改善法

肩こりと腰痛

腰痛と肩こりが関係していることもあります。
例えば、頚椎ヘルニアは首のヘルニアですが、腰痛症状を伴う場合もあります。
肩から背中、腰と痛みが伴うので、回復には時間が必要です。
腰痛と肩こりからの回復には、まず姿勢が歪んでいることが多いので確認します。
接骨院にいくと歪みを確認してもらえます。
痛い部分をかばって歩いたりすわったりしていると骨盤が歪んでしまいます。
椅子に座ると必ず足を組んでしまう人は骨盤の歪みが考えられます。
骨盤の歪みは体が不自然な状態にあるので、通常の状態に戻ろうとする体の反応で足を組んでしまいます。
肩こりを伴っている場合は、直接首や腰をマッサージするのも効果的ですが、肩甲骨周辺と背中を伸ばし、マッサージして動かすとさらに効果的です。
腰痛と肩こりを別に考える人も多いと思いますが、人の体にとって頚椎、胸椎、腰椎は大切な柱として繋がっています。
そのため、頭を支えている頚椎にダメージがあると、他がそのダメージをかばいながら生活をしてしまうので無理が生じます。
つまり、他が大きなストレス状態にあるのです。
毎日、頭痛や吐き気を繰り返したり、痛みで肩を上げられなかったり、握力の低下を感じたりしたら頚椎に異常がないか医療機関で調べてみましょう。
日常生活では、無理をしていることに気付かなくても、ある日限界を迎えて激痛で動けなくなってしまうと回復までに時間がかかります。
また、変形してしまった骨格は元に戻らないので、痛みが出ない付き合い方をしていくことになるでしょう。
肩から背中、腰への痛みが連鎖する場合、姿勢を整えて筋肉を活動させることが効果的です。
痛みの連鎖がある場合は注意が必要です。
痛みの連鎖とは、ふくらはぎの緊張がお尻の緊張に伝わり、腰痛や肩こりが出ます。
足の疲労がたまるとふくらはぎの周辺が硬くなります。
足の疲労をかばうと太ももからお尻周りの筋肉が硬くなります。
ヒールやビジネスシューズを長時間履いていたり、長時間のデスクワークなどで猫背になったりしていると、足に疲労がたまります。
太ももやお尻に硬さがでたら腰痛症状の始まりと考えていいでしょう。
職場環境によっては、頻繁に席を立ちにくかったり、簡単にストレッチができなかったりするでしょう。
しかし、腰痛や肩こりが慢性化すると集中力が低下し、頭痛などで仕事に影響が及ぶことがあります。
仕事の少しの合間に、簡単にマッサージしたりストレッチするだけでも少し楽になると思います。

関連サイト

  • 見えない裏側矯正で人目を気にしないで治療ができるのはこちら。
  • クリニック(賃貸)についてはこちらのページをご参照ください。

Copyright (C)2018根本から治療 ツライ腰痛の改善法.All rights reserved.